ギルガメシュとは何か?

こんにちは!白河清風です。今日は、ギルガメシュについては取り上げたいと思います。 1.ギルガメシュとは何者?    宇宙戦艦ヤマトが目指すイスカンダル。これも初めてイスカンダルという固有名詞を聞いてから、ずーと何のことだろうと悩んでいましたが、10年ほど前、タジク語(イラン方面で話されている言葉)でアレクサンダー大王のことだとある本を読んでいてわかりました。「ギルガメシュ」という単語について…

続きを読む

最初の女帝 推古天皇と今後の女帝誕生の可能性

こんにちは! 白河清風です。今日は日本最初の女帝となった推古天皇はなぜ天皇になったのかを、今後の女帝誕生へ向けて考えてみたいと思います。1.推古天皇の系譜   推古天皇は554年に欽明天皇と堅塩媛(蘇我稲目の娘、馬子の姉)との間に誕生し、額田部皇女と言われていました。額田部皇女は異母兄の敏達天皇が即位する前年(571年)に敏達の後宮という形で入内しました。母方が皇族ではありませんでしたが、叔父の…

続きを読む

中村草田男俳句10選!

皆さん こんにちは!白河清風です。今日は中村草田男の俳句について取り上げたいと思います。    中村草田男(1901年〜1983)は、清国領事の父修の長男として福建省廈門に生まれます。松山高等学校卒業後、東京帝国大学文学部に進みます。大学在学中に母の叔母の紹介で高浜虚子に会い、東大俳句会に入会します。そして、虚子の意向により、水原秋櫻子の指導を受けることになります。   1933年に大学卒業後…

続きを読む

「ハンナ・アーレント(映画)」を観て

今日は!白河清風です。    先日「ハンナ・アーレント(映画)」を観ました。監督はローザ・ルクセンブルクなどを製作したマルガレーテ・フォン・トロッタで、日本では2013年リリースされたものです。    映画の表題にもなっているハンナ・アーレント(1906生まれ)は、ドイツに生まれ、ナチス政権による迫害を逃れてアメリカへ亡命したユダヤ人で、マールブルグ大学ではハイデガーに師事します。    …

続きを読む

選挙権の拡大とその意義

こんにちは!白河清風です。今日は選挙権の拡大の流れとその意義について取り上げたいと思います。 1.選挙権拡大の歴史   最初に選挙権が与えられたのは大日本帝国憲法下の1890年の衆議院選挙時に、直接国税を15円以上納めている25歳以上の成年男子でした。   その後の1902年には直接国税の基準が10円以上に、1920年には3円以上に引き下げられました。   その後男子普通選挙制は大正デモクラシ…

続きを読む

ポーリン・ハンソンは豪州のトランプか?

こんにちは白河清風です。今日はオーストラリアの2016年国政選挙で復活した極右のポーリン・ハンソン女史を取り上げたいと思います。ポーリン・ハンソンは1990年代の後半に白豪主義的スローガンで国政に登場し、一時期人気を博した政治家です。ポーリン・ハンソンに話が及ぶ前に、まず、オーストラリアの人種政策の歴史を見ていきたいと思います。 1.白豪主義白豪主義はオーストラリアにおける白人最優先主義とそれ…

続きを読む

石油の起源

今日は!白河清風です。今日は石油の起源について考えてみたいと思います。    私はずっと石油は太古の植物や微生物の死骸が海や湖の底に堆積し長い年月を経て変化したものであると信じてきました。これは、いわゆる有機起源説と呼ばれるものです。この有機起源説を取ると資源に限りがあることになり、20世紀に度々登場したオイルピーク論(近い将来石油は枯渇すること)に翻弄されてきました。    1920年以降…

続きを読む

非正規雇用改革の方法

こんにちは!白河清風です。今日は同一労働同一賃金の問題について考えていきたいと思います。    政府の「一億総活躍プラン」の中に、仕事が同じであれば、正規、非正規を問わず賃金を同じにする「同一労働同一賃金」の実現を目指すとしています。言葉尻だけからするとあたりまえだと思いますが、正社員の側からすると、転勤や配置転換があり、また、上司の命令で様々な内容の業務を時間内、時間外問わずやらなければな…

続きを読む

数学の様々な賞

こんにちは!白河清風です。今日は、数学の難問を解いた人、数学の発展に貢献した人に与えられる賞について取り上げたいと思います。 1.ヴォルフスケール賞    1908年にドイツのダルムシュタット出身の資本家パウル・ヴォルフスケールは、フェルマーの最終定理(x、y、zが正の整数であるとき、xのn乗+yのn乗=zのn乗を満たす整数nはnが3以上のときは解がないというもの)の証明に最初に成功した者に1…

続きを読む

公認会計士の誕生と不祥事への対応

こんにちは!白河清風です。今日は公認会計士の誕生からその役割の変遷と今後の課題についてについて考えていきたいと思います。 1.戦前の会計監査制度 本格的な会計監査は戦後の公認会計士法の成立を俟つことになりますが、戦前において会計監査がなかったわけではありません。明治23年に監査役制度が旧商法に盛られました。また、法定制度ではありませんでしたが、職業会計士が存在し、 一つには計上に於ける専門的…

続きを読む